「サイバー犯罪共同対処協定書」締結

平成25年2月22日、栃木県警本部において県警とTISAが「サイバー犯罪共同対処協定書」に調印、協定を締結しました。県警察からの要請を受けまして、平成25年2月13日に開催した理事会において、県警とTISAとがサイバー犯罪共同協定を締結することに、ご承認をいただきました。

これを受けまして平成25年2月22日(金)、県警本部にて、池田勇介会長と県警本部の古川芳巳生活安全部長が協定書に調印、協定が締結されました。これは官民一体となって、サイバー犯罪の実態情報を共有することにより、サイバー犯罪に対する危機意識を高め、社会全体で防止対策を進めようとするものでございます。